新時代の画期的な乗り物

僕は、ほぼ毎日、VOAで、世界のニュースをチェックしているのですが、

一番惹かれるのが、サイエンスアンドテクノロジーの分野。

今、熱いのは、火星ですね。

火星自体は、地球よりも冷たい惑星ですが、各国の競争が、火星へと向かっています。

さて、今日は火星ではなく、

近未来の乗物について、面白い記事を見たので少しだけ紹介します。

The head of the Virgin Hyperloop transport system says the company aims to begin carrying passengers by 2027.

Josh Giegel helped start the company and is its chief executive officer. He made the comments to a Reuters reporter at the company’s development and testing center near Las Vegas, Nevada.

The Virgin Hyperloop system is based on a technology called magnetic levitation. It uses magnetic fields to lift a vehicle off the ground a little and to push it forward.

Some high-speed trains also use this technology. But unlike trains, a Hyperloop is designed to operate within tubes containing very little air. Electric propulsion moves vehicles, called pods, through the tubes at high speeds. The system offers nearly silent travel and reportedly releases no carbon emissions.

Last November, Giegel rode inside a Virgin Hyperloop pod along with another company official during the system’s first test with passengers. The company said the vehicle reached a top speed of 172 kilometers per hour in that test.

But Virgin Hyperloop says the system’s pods are designed to move at much higher speeds, up to 1,200 kilometers per hour. It says such a vehicle could complete a trip between New York and Washington, D.C. in 30 minutes. That would be two times as fast as a jet flight and four times faster than a high-speed train.

記事は、まだまだ続きますが長くなるので、この辺までにして、ざっくりと要約すると、

Virgin Group傘下の米Virgin Hyperloopは2027年までに乗客輸送を始めたいようで、そのシステムというのは、 磁気浮上式のポッド を前方に押し出すもの。

静かで環境にも優しい乗り物で、すでに昨年11月には、テスト走行で、時速172キロを出している模様。

時速1200キロまでは出るそうで、飛行機の2倍、急行列車の4倍のスピードで、走行できる、と。

うーん、なかなか期待の持てる話です。

日本が足踏みしている間に、世界ではいろいろな事業が展開されているよね、という話でした。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする