現在完了形は「幅」だけ イメージ

英語を勉強している人であれば
誰もが最低一冊は英文法書、
または参考書を持っていると思います。

それで各文法にはいろいろな
用法が載っていますよね。

例えば現在完了を調べてみると、
結果、完了、継続、経験用法の4つがあります。

ただ、実際の会話ではこの用法を
考えながら現在完了形を
作るということは一切しません。

例えばネイティブと話しているときに
「えーっと前にアメリカに行ったと言いたいから
ここは経験用法を使って〜」
みたいに頭で考えていたら、
英文が口から出てくるまでかなり時間がかかります。

そしてネイティブはそこまで
待ってくれません(笑)。

現在完了形は「幅」だけ
イメージしてください。

つまり、過去から現在までの幅です。

例えば「私は今メガネを見つけた」という場合は、

I have found my glasses.

です。

このように言うと、
「過去のある時点から今までメガネを
探してて今やっと見つけた」
というニュアンス
を伝えることができます。

一方これを過去形で表すとどうなるでしょうか?

過去形は「点」というイメージです。

I found my glasses.というと、

「過去のいつかの時点でメガネを見つけた」
という過去の一時点に
フォーカスした話し方
です。

シンプルにまとめると、
時制は点で表したいか
幅で表したいかだけ考えればいいんですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする