権威主義的パーソナリティの危険性

人類は今、何を学んでいるのか?

北朝鮮からは連日のようにミサイルが発射され、

プーチンは、偏執的な独善からか、侵略の手を止める様子もありません。

僕は、長年、カルト宗教に洗脳されてきた体験があり、

そこから脱却できた過程、あるいは、その後の思索を通し、

権威主義的パーソナリティの危険性を、

改めて、訴えたいと思います。

1から9までの項目、見事にカルト教祖並びにカルト信者に当てはまります。

思想に凝り固まった何々主義者なども同じ穴の狢。

偏見や思い込みが引き起こす悲劇が後を絶ちません。

また、ブラック企業においても、こうした洗脳は行われており、広い意味で言えば、今の学校教育の中にも、同じ様なものがあります。

だからこそぼくたちは、しっかりと目を開き、他者ではなく、自分の価値観に基づいた自分の人生を生きないといけないのです。

そうでないと、一度きりの人生があまりにももったいないし、自分自身に対して失礼です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする