若い世代の労働ストレスは過酷

今後、副業が解禁となり、それを実際に行った場合、ダブルワークを行う人が増えるそうです。

政府は、残業の上限を定めた労働基準法の改正案を国会に提出し、早ければ2019年度より運用を開始したいとしています。

つまり残業を規制して、副業をオッケーにするわけです。

退職金制度も、今は、徐々に401kに置き換わりつつあります。

現在すでに、労働者のストレスはかなりのものがあります。

特に若い世代の労働ストレスは過酷です。

今の若い人たちは、年功序列では給料が上がらない時代を生きているだけでなく、退職金も危うく、また、年金も期待薄で、仮に奨学金などを借りていたら、二重苦三重苦です。

人間の頑張りには、限界があるんです。

できることはできるけど、できないことはできないんです。

僕は子供はいませんが、いたとしても、僕の給料で、大学に行かせてあげられたかどうか。そして、奨学金を借りていたら、大学を出た時点で数百万円の借金です。

ダブルワークどころか、トリプルワークをしている若者もいると聞きます。もうこれ以上、若者を消耗させてはいけません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする