50代以降は、人生における「第二のサバイバル期」

会社によって給与体系に違いはあるものの、概ね、50歳、もしくは55歳以降は、取締役にでもならない限りは、減給、降格、でしょう。

そうした場合、かつての部下の下で働くこともあり得ます。

事実、僕が今アルバイトで働いている職場でも、かつての部下の下で働く60歳の会社員を見ています。

今の時代は、かつての部下に顎でこき使われるくらいのことは当たり前に想定すべきでしょうね。

で、こうした50代以降に訪れる「第二のサバイバル期」を過不足なく乗り切るには、柔軟な心が大切であると僕は思っています。

一番ダメなのは、“自分はまだやれる”と妙な勘違いをして周囲に口出しする人や、無駄なプライドが異常に高い人。

無駄なプライドなど、早々にごみ箱に捨ててしまいましょう。

本当のプライドは、見栄とかそういう安っぽいモノではなく、もっと自分の生きかた、生き筋にかかわるものだと思うのです。

そう考えると、一つの職場でしか通用しないスキルよりも、どんな立場でも心が折れない人間力をこそ、培っておくべきなのかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする