「お金」という安心のために、つまらない人生を送る人が増えている気がする

生きるためにお金が大切なのは言うまでもありません。

しかし、お金への不安、つまり、経済的な不安のために小さくまとまりすぎている人が、このところ増えているような気がするのは僕だけでしょうか。

「下流老人」になりたくないからというある種の恐怖心のために、お金を使えずに、委縮した生活をしている人が増えているように思うのですよ。

老後資金が2000万円足りないとかいう、ある種まともな報告書に、過剰反応するのも、その表れかと。

「お金」という安心のためにつまらない人生を送って、年老いていくのは、むしろもったいなくね、と、僕などは思うのですよ。

かと言って、無鉄砲に生きていって末は破綻では、さらに悲惨ですが。

僕なりの考えですが、「お金のかからない生活スタイルを作ること」に、まずは注力し、ローコストで生活できて、その中でも十分楽しめる工夫があれば、割合上手く行くように思えます。

で、このくらいのお金でやりくりできるのだ、というのが実感としてわかれば、それ以上のお金に対する不安は、消えていくと思うのですよ。

ひろゆきのように、お金がありながら、お金がなくても暮らせるスキルがあれば無敵じゃね、と思いますね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする