『働き方改革』という名の賃金カット

営業職などは、何時間働いても、残業代などは出ないのが普通だと思いますが、残業代を当て込んだ生活をしている人も少なくありません。

大和総研の試算では、働き方改革によって、残業代が国全体で年間8.5兆円も減る、とのこと。

これは年間で日本人が受け取る給与総額263兆円の約3%に匹敵するそうで、簡単に言えば、『3%ほどお給料が減りますよ!』ということ。

うーん、これって、家計への影響が甚大ですよね。

で、仕事量そのものは、減ることはないと、思うのですよ。

つまり、仕事を会社でやるんじゃなくて、家でやったり、あるいは、カフェとかファミレスとかでやったりする、と。

最大の問題は、残業代が完全に家計に組み込まれていて、そのお金を当て込んで住宅ローンや教育費を払っている場合。

この場合は、旦那さんの疲弊は、大変なものになりますよ。

仕事量は変わらずで、手取り額が減るのですからね。

働き方改革の功罪は、両面あると思いますが、その影響が表面化してくるまでにはタイムラグがありますから、今後の動向を見守りたいとは思っています。

まあ、僕のようなアルバイト生活者は、傍観者の立場なので、淡々と物事を眺められるという利点があるのですよ。

その視点から、これからも世の中を眺めていきたいと思っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする