一億総活躍社会の別名は、一億総社畜化社会なんじゃね

何々なんじゃね、という言い方が、よくYouTubeで、ひろゆきを聴くようになってから、僕も、自然に口を突いて出るようになりました。

ちょっと、それ、やばくね、とか、ね。

まあ、それは良いとして、高年齢者雇用安定法の改正を画策している政府は、70歳まで働ける社会にする気満々です。

満々というよりも、そうせざるを得ない状況にあるのでしょう。

で、今、年金支給は65歳から。

これが、70歳定年を目指す政府の思惑で、当然のことのように、国民年金の支払いも延期され、70歳までおまいら、払ってね、と。

そしたら、70歳から年金を上げるからね、雀の涙のだけどね、と。

これ、いつから実行されるかはわかりませんが、そのような方向に進んでいることは確かなことのようです。

まことに、お寒い状況なのですよ。

今すでに年金をもらっている年寄りの受給額に手を付けることは、選挙を考えても、やりそうにない。老人は、選挙に行きますからね。暇だし、やることもないし。

若者は会社にエネルギーを吸い取られていて、先のことを考える余裕のない人も多い。

これって、やばくね、と、思うのですよ。

勤労者を増やしたい政府の目論見は、はっきり言って、会社員からは、税のとりっぱぐれがないことも大きいでしょうね。

一億総活躍社会の別名は、一億総社畜化社会なんじゃね、と勘繰りたくもなるのですよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする