正社員と専業主婦の夫婦は最早モデル世帯ではない

財政検証に出てくる『所得代替率』というのは、現役男子の平均手取り賃金に対して、モデル世帯が受け取る年金が何割くらいか、という数字ですが、僕は、このモデル世帯そのものが、すでにモデルではない、と、思うのですよ。

これは、40万円くらいの賃金で40年働いた夫に、40年専業主婦で支えた妻、いずれも未加入期間なしというケースです。

そんな、絵にかいたような中流家庭、僕の周りには、存在しません。

いや、存在するのかもしれませんが、少なくとも僕の知り合いは、結婚していても大半が夫婦共働きだし、平均40万円で40年も働いている夫など見たこともありません。

大多数の人はモデル世帯の加入条件に満たないわけですから、モデル世帯の所得代替率が5割という水準なら、実際にもらえるのは現役世代の4割とか、下手すると3割水準という話になるはずです。

自営業夫婦だと老齢基礎年金しかもらえないから、さらに悲惨。

現時点で2人合わせて月額13万円、これが将来的には2人合わせて現在価値でいう9万円ぐらいになるでしょうね。

で、こっちのほうが、リアルなモデル世帯じゃね、と、思うわけです。

僕などは、天涯孤独のおひとり様なので、ハナからモデル世帯の試算などは、参考にしていません。

おひとり様は家計管理と健康管理、そして自己管理が肝要。

状況に応じて緊縮財政にしたり、少し自分へのご褒美で旅行してみたりと、自由自在なところが、僕的には嬉しいかな。

まあ、いずれにせよ、モデル世帯などの試算は、気にしないに限りますね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする