日本は世界第二位の重税国家だってよ

日本の税金は労働者の所得によって異なりますが、法人税が約38%、所得税と住民税を合わせて15%~50%、社会保険料(年金、介護保険)が約25%。

で、これらは労働によって生じる税金ですが、これに、消費税なども加わります。

消費税が10%(生活必需品は8%)となっており、その他にも車を保有していれば「自動車税」が掛かりますし、「不動産」を保有していると「固定資産税」が掛かります。

日本は世界第二位の重税国家であると発表した海外のニュースサイトは、「法人税」「所得税・住民税」「社会保険料」「消費税」を元に評価しています。

つまり、これらの総計によると、日本は世界第二位の重税国家、ということになるようです。

ちなみに高福祉国家で税金が高いと言われるスウェーデンやデンマークがそれぞれ6位と7位なので、こういった北欧諸国よりも日本のほうが重税であるというのは、ちょっと納得しがたい話ではあります。

庶民にとって、こうした重税に対抗できる、極めて有効な手段が、節約、ということになりそうです。

しかしこの節約が、回りまわって景気後退を招いている側面もあり、世の中は、難しいものだと、思っています。

庶民は、まず、自分の生活を守ろうとしますからね。

まあ、これは、企業も同じで、内部留保という形でお金を貯め込みます。

みんながお金を貯め込んで、お金が回らなくなると、また景気が悪化するということで、これを負のスパイラルと言いますが、長いデフレから、脱却できるときは来るのでしょうか。

ただ僕は、デフレが、必ずしも悪いとは思っていないのですよ。

モノが安いというのは、ありがたい側面もあるわけで、ハイパーインフレのほうが、何倍も怖いと思いますね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする