70歳までフルタイムで働き続ける時代への足慣らし

官邸主導で進めている「70歳まで働く7つの選択肢」の議論が厚生労働省の部会で始まったわけですが、これは、70歳までフルタイムで働き続ける時代への足慣らし、のように、僕には思えるのですよ。

そしてそれは、年金支給開始年齢(標準)を65歳よりも後ろにしたい意図も感じずにはいられません。

もちろん70歳までフルタイムで働き続けるという意味ではありませんが、70歳でも働くのが普通、70歳まで働かなければいけないのが常識になるのは怖いですね。

年金が元々少ない人は年金だけでは生活できないので、生活費を補うために働かざるをえなくなります。

そういう人が増えていく時代を「老後レス時代」と呼ぼうとしているようです。

セックスレスと言うのは聞いたことがありますが、老後レスとは、恐れ入りました。

庶民は、一生働く覚悟がいるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする