ずっと労働市場にしがみつかないと生きていけない人たち

しばらく前のことになりますが、図書館の新聞コーナーで見た、読売新聞の1面のコラム、「安心の設計」を読んで、考えさせられました。

東大阪市に住むHさん(67歳女性)は、25年間働いた会社を66歳で退職後、フルタイムの仕事につけずに、ホテルで朝食バイキングのパートをしながらハローワークに通ったそうです。

Hさんがフルタイムにこだわる理由は、引きこもりを続ける44歳の長男のため。

この長男の生活費を全額支出しているために、お金が必要だとのこと。

「自分の背中を見て何かを感じてほしい」と、自分の生きざまで長男にメッセージを送るHさんが、「年齢ではなく、働けるがどうかで判断する社会になってほしい」と、社会に対する不満を口にしていましたが、おいおい、そうじゃないだろう、と僕は思いました。

44歳になっても親のすねをかじっている息子が、今更親の背中を見て何かを感じるだろうか、とも思いましたし、まあ、やめておきましょう。

人には人の人生があるし、このHさん、立派と言えば立派なのかもしれません。

70社に履歴書を送り、13社が面接まで進み、今は、機械工具の会社に採用されているそうです。

うーん、67歳になってまで、44歳の息子の生活費まで稼ぎ出さねばならない状況というのは、おひとり様の僕には、想像を絶します。

僕が働くのは、あくまでも自分のため。

自分のことだけを対応していればいい人生は、自由で楽、だなあ、と、改めて感じた次第です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする