キャベツの葉を数枚、品の良さそうなおばさんが拾っていた

僕がメインに利用しているスーパーマーケットのライフで、二人のおばさんのちょっとびっくりする行動を見たときのことです。

一人は、品の良さそうなおばさんで、キャベツの安売りの日でした。

ひとつ98円だったのですが、そこは野菜のこと、大きさに違いがあります。

で、誰でも少しでも大きなキャベツが欲しいところ。

そうは言っても、そこにあるものから選ばねばならず、僕も御多分にもれず、複数並んでいる中から、大きめのものを選んだのです。

で、キャベツを買い物かごに入れる際、外側の汚れた葉は、横に置いてあるごみ箱に捨てます。

そのため、隣接のごみ箱はキャベツの葉でいっぱいに。

そのキャベツの葉を数枚、品の良さそうなおばさんが拾っていたのです。

僕は、嫌な気は全くせず、どこか申し訳ないような気持ちになりました。

この同じ日、別のおばさんのびっくりする行動も目撃しました。

こちらのおばさんは、どことなく身なりが汚らしい感じで、顔つきも卑しさが出ていました。

そのおばさん、何と刺身コーナーから、カゴに置いてあるワサビと生姜を大量に手につかんでポケットに入れていました。

そのワサビと生姜は、刺身を買った人が必要なだけ、たいていは一つか二つ持ち帰るものなのです。

それを、刺身を買いもせずに、ワサビと生姜だけを鷲掴みしてポケットに入れ、何を思ったかまた戻ってきて、別の場所のカゴの中のワサビと生姜もまたいくつかつかんで、そそくさと歩いて行きました。

最初に見たおばさんには好感を持ち、あとに見たおばさんには嫌悪の感を持ちました。

まあ、その感情も一瞬想起しただけで、いろいろな人がいる、と思い、自分の買い物を続けたのですが、いろいろな場所で見る人の行動で、いろいろなことを想像することがあります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする