世の中が“貧乏”になっている

僕には子供はいませんが、子育てにお金がかかることは承知しています。

年功序列型の賃金体系も崩れつつある今、子育て世代の教育費の負担は、以前と比べて格段に大変ではないかと思わせる記事を見つけました。

 大学進学率が50%を超えた今、多くの親を悩ませているのが学費問題。学費や生活費をどこまで親が出すべきかは、各家庭の教育方針に委ねられるものだが、この春、娘を大学に入れた40代男性・Sさんは、自らの甲斐性の無さを知ることになり、大いに落ちこんでいる。

 Sさんは宮城県在住。同年代では結婚が早く、子供もすぐに授かったSさんは、このたび一人娘を大学に送り込んだが、学費のやりくりを検討しているうちに思い出したのが、自分が学生時代に受けていた仕送りのことだった。Sさんはいう。

「私は宮城県の高校を出た後、東京の私立大学に進み、都内のアパートで一人暮らしをしました。家賃は6万円で、仕送りは家賃込みで12万円でした。奨学金は貰っていません」(Sさん。以下「」内同)

 Sさんが大学に通っていたのは、1990年代なかば。東京地区私立大学教職員組合連合が毎年発表している「私立大学新入生の家計負担調査」によれば、1994年度の毎月の仕送り平均金額が12万4900円なので、Sさんの「仕送り12万円」は平均レベルだ。ただ、Sさんは「親の投資が実ったかどうかは“微妙”」と、ため息をつく。常に優等生だったSさんだが、時代の波に翻弄されたのだ。

「せっかく大学まで進ませてもらいましたが、就職活動時は猛烈な氷河期で、不本意な就職をせざるを得ず、Uターンして転職したものの、ここ数年、年収は夫婦合わせて600万円前後です」

 国税庁の民間給与実態統計調査では、平成30年分の平均給与は441万円。Sさん夫婦の年収を合わせれば、それを上回る。だが、Sさんは子供を大学に通わせるに際し、大きな壁に突き当たったという。

「子供が大学進学志望なのは分かっていたので、貯金を心がけていましたが、進学塾、受験料、受験の交通費や宿泊費、入学金などでどんどんお金が吹っ飛び、あっという間に心許なくなりました。仕方ないので、娘には『都会の一人暮らしは心配だから』と言って、一人暮らしよりも安く済む女子寮に入れました。1か月約5万円の寮費は私が払っていますが、生活費として渡すのは3万円で、残りはバイトで稼ぐように言いました」

 上述の「私立大学新入生の家計負担調査」によると、2018年度の仕送り額の平均は8万3100円。Sさんの仕送り額は約8万円なので、これまた平均レベルだが、ここでSさんの頭をよぎったのは、Sさんが両親からたびたび言われてきた言葉だ。

「20代半ばで地元に帰った私が、手土産を携えて実家に顔を出すと、父親は『こんなことはしなくていいから、子供に何か買ってあげなさい』と、いつも言っていました。親孝行のつもりでしたが、両親の思いは『親から受けた恩は子に返せ』というものだったのです。

 けれども、どうやら私にはそれができそうもありません。私の大学時代のバイト代は遊ぶ為のお金でしたが、娘のバイト代は生活費。私は気ままな一人暮らしでしたが、娘は寮生活です。そう考えると自分が情けない。

 泣き言になりますが、結局世の中が“貧乏”になっているんですよ。ウチの父は高卒で、名もない中小企業の社員でしたが、子供を大学に入れ、奨学金も受けずに卒業させることができました。けれども今の時代、40代で月12万の仕送りが出来るのは、ほんの一握りのハイスペックな人だけでは……」

 こう嘆くSさんだが、救いがあるとすれば、娘が何一つ文句を言っていないこと。これだけでも十分子育てに成功したようにも思われるが、“親から受けた恩を子に返す”のが非常に難しい時代になっていることは間違いないようだ。

結局世の中が“貧乏”になっているんですよ、とSさんが言うように、経済の流れというものは、個人の努力の外側にあります。

高度経済成長期であれば普通にできたことが、今はできない、ということ。

なので、個人の責任ではないのですよ。

だから、Sさんは、自分を責める必要など、みじんもないと、思います。

では、世の中が悪いのか、と言うと、そういうことでもない。

世の中は常に変化の中にあり、時の常識も変わっていきますからね。

結局人間は、時代に合わせて生きるしか、ないんだと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする