学歴、は、今後さらに意味をなさなくなる

人生に何が必要で、何が必要でないかは、人によって、意見が分かれるところ。

今日、ネットで、面白い記事を見つけたので、紹介します。

 「これって、本当に必要かな?」「買わなければよかった」――。このように後悔したことがある人も多いと思うが、実際どんなモノを不要に感じているのだろうか。15歳の男女に「現在、必要でないモノは?」と聞いたところ、「学歴」(28.6%)を挙げる人が最も多く、次いで「資格」(22.2%)、「車」(20.7%)であることが、日本リサーチセンターの調査で分かった。

 4位は「生命保険」(14.0%)。以下「本(紙媒体)」(13.4%)、「マイホーム」(11.9%)、「テレビ放送」(9.1%)、「テレビ本体」(7.5%)という結果に。一方、最下位は「現金」(2.6%)。「メール」(3.1%)や「パソコン」(4.9%)も挙げる人が少なく、まだまだ「必要」と感じる人が多いことがうかがえた。

 年代別でみると、「学歴」は男女とも年代が高くなるほど「必要としない」と答えた人が多く、50代以上では男性のほうが多い。「資格」も男女ともに高齢層ほど「必要としない」と答えた人が多く、60代以上の男性は40.6%、女性は37.6%。

 男女別でみると、「車」は女性のほうが必要としないと答えた人が多く、逆に「生命保険」「テレビ放送」は男性のほうが多い。

 インターネットを使った調査で、15歳以上の男女1万932人が回答した。調査期間は4月24日から27日まで。

必要でないもののトップが学歴と答えたのは、どの年代も同じようですね。

さらに言えば、学歴、だけでなく、資格、も、年齢が上がるほど、必要ない、と、答えているようです。

これなどは、自分の社会経験からくる実感、でしょうね。

事実、僕も会社員時代、仕事能力と学歴はさしたる相関関係にはないことを実感していました。

それと、資格も、そう。

資格マニア、みたいな人がいて、たくさん資格を持っているのに、肝心の仕事のほうができない人がいましたね。

逆に、資格は持っていないけど、めちゃくちゃ仕事ができる人もいて、人というのはわからないものだ、と思ったことは何度もあります。

これからは、ますます、実質、が、問われる世の中になっていくような気がします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする