会社命ほど、馬鹿げた人生観はありません

僕が長年勤めていたビジネスホテルは、オーナー社長のワンマン経営でした。

毎週月曜日には、ミーティングがあり、よく話題になったのは、最近の若者はだめだ、ということでした。

特にゆとり世代がやり玉にされていました。

僕は、社長とは、真逆の意見でした。

今の若者のほうが数段賢い。

それが、僕の意見でした。

しかし、僕は自分の意見を押し殺して、黙っていました。

黙って聞きはするが、決して同調はしない。

それが、せめてもの、僕の抵抗でした。

社長は、生まれがボンボンで、お金の苦労などしたことがありません。

今の若者が置かれている悲惨な状況など、知らないのでしょう。

もし、社長が、今の若者と同じ立場に立ったら、「あんた、同じことがいえるかい」と、何度言いたかったかわかりません。

しかし、僕は黙っていました。

ワンマン経営では、社長に異議を唱えることは自殺行為です。

簡単に、給料を減らされます。

僕の抵抗は、沈黙でした。

今の若い人が賢いと思うのは、ネット環境に起因します。

僕の若い頃とは、圧倒的に、入手できる情報量が違うのです。

さらに今の若者は、浮かれていません。

慎重です。

慎重さは、賢さの表れです。

これは、僕が年を重ねてきたからこそ言えることです。

僕が評価するのは、会社に依存せず、早期リタイアを目指して、蓄財する若者です。

会社など、クソです。

いざとなったら、会社など屁のツッパリにもなりません。

自分だけが頼りです。

会社命ほど、馬鹿げた人生観はありません

若いうちから蓄財に励むのは、賢いのです。

会社など、利用してやればいいのです。

利用できるものは利用させてもらい、資産運用に励みましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする