40年前に、一年ほど住んでいたアパート

去年、逗子を散策した時に、40年前に、一年ほど住んでいたアパートが、まだ建っているのを知りました。

この2階の角部屋で、家賃は3万円くらいだったと思います。

まだ、建っていたとは、驚きでした。

このアパートで、作家を目指しながら、逗子駅前にあった書店でアルバイトをしていました。

今はもう、その書店もありません。

だけどアパートが、ちゃんと建っていたことに、驚いただけでなく、感動さえ覚えました。

結局、作家にはなれずに、サラリーマンになりましたが、それでよかったと思っています。

サラリーマン時代は、ストレスがたまると、旅に出るという生活でしたが、まだ体力があったため、がつがつとサクサクと、いろんなところを見て回りましたね。

まあ、良い意味で、貪欲さがあった、と。

もう今は、そのような動きはできません。

ゆっくりと歩かないと、すぐに疲れてしまいますからね。

それと、改めて思ったことですが、このアパート、当時も、僕の記憶では3万円、もっと正確にえば、3万3000円とか、いずれにせよ、3万円台前半の家賃だったと思います。

仮に、3万円で計算しても、もし、部屋の借主がずっと入れ代わり立ち代わりしながらも、いたとしたならば、いったいいくらの家賃収入になっていたのでしょうねえ。

ざっくり言って、年40万円で、それが、もし50年であれば、2000万円。

40年前、僕が住んでいた当時でさえ、新築ではなかったので、間違いなく、50年以上の築年数にはなっているはず。

で、全8部屋でしたから、1億6000万円。

まあ、そう、計算通りにはいかないでしょうし、設備なども古くなりますしね。

でも、如何に家賃を払い続けるのがバカらしいか、との、戒めにはなります、借りるほうとしては、ね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする