ナビダイヤルの罠について

昨日のことになりますが、ジャパネットたかたから、水が届く日だったのですよ。

ウォーターサーバーを、今年の2月から使い始めて、まだ1年未満ですが、毎月水を届けてもらうのはいいのですが、それが、佐川急便。

ジャパネットたかたサイドからは、なるべく午前中に届けてもらうように言ってもらっているのですが、そうではない日が多いですね。

昨日などは、夜の8時になっても来ないので、心配になって、ジャパネットたかたに電話したところ、配送中、とのこと。

配送は、21時までだそうで、仕方なく待つことに。

で、営業所の電話番号を訊いたのですよ。

そしたら、0570で始まるナビダイヤルでした。

だいたい、ナビダイヤルにしている業者は、電話を受け付けたくないものがほとんど。

つまり、ナビダイヤルにすれば、相手が怯むだろうという魂胆。

で、ナビダイヤルについて調べてみたら、なんと呼び出し中から、料金がかかるというではないですか。

これでは、相手が電話に出るまで長いこと待たされていても、料金は発生することになります。

もう、本当に、ナビダイヤルにしている業者は、ろくなもんじゃないと思いますよ。

で、結局、昨日は、夜遅くまで待っても、配達はありませんでした。

今、これを書いている時点で、翌日の、つまり、日曜日の9時20分。

土曜日の配達予定が、連絡のないまま、日曜日になってしまいました。

ヤマト運輸だと、こういうことはないのですがねえ。

まあ、仕方がない。

今日は、僕もこれから予定があるし、いつまでも、配送を待っているわけにはいかないので、そろそろ出かけるといたしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする