周りとの比較により満足を得る地位財の限界について

どうして人は、お金や地位に執着するのか。

まあ、お金は、わかりますよね。

生きるのに、必要だから。

でも、地位って、承認欲求を満たすくらいのもの。

女性よりも男性が、この地位というものに執着します。

地位財とは、「周りとの比較により満足を得るもの」と定義され、資産や社会的地位の他に、家、車、高級な服といった所有物を指すのに対し、非地位財は「他人との比較とは関係なく幸せが得られるもの」のことで、健康、自主性、自由、愛情などを意味し、物質的なものは含みません。

地位財による幸福感は比較的すぐに消えてしまうのに対し、非地位財による幸福は長続きすることがわかっています。

つまり、持続的な幸福のためには、お金や車、高級な服といったものに対してこだわりを持つことよりも、自由を満喫したり、人とのつながりや愛情に感謝したりすることのほうが重要なのです。

僕などは、地位財などはほとんどないので、傍から見たら冴えない男そのもの。

でも、心の自由は、満喫しています。

それは、他者からの承認は要らない、非地位財の特質でもありますね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする