黄金の脱社畜パターンとは

ただ命をつなぐために働く時代は、終わりました。

これからは、個人が好きなように生きる時代。

ただ、今は、その過渡期なので、いろいろと大変なだけ。

猫のように自由に生きる。

で、 黄金の脱社畜パターンとは何かと言えば、

  1. 取り合えず働く
  2. せっせとお金を貯める
  3. 資産に働かせる
  4. 労働からの解放

この4段階。

このように、段階を踏んで、 うまくたちまわれば、賃金奴隷を抜けだすことができます。

そして、奴隷から抜け出した後は、 パッシブインカム、すなわち、株の配当などで暮らす。

アクティブインカムは、気晴らしのアルバイト。

責任がない分、気楽に働けて、気分転換にもなり、社会とも一定のかかわりが生まれ、生きる活力にもなります。

これが、脱社畜の見取り図かなあ。

いずれにせよ、キーワードは 「生きるのに必要以上は働かない」 ですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする