安定収入も福利厚生もなくなるとしても

仕事がきつくて会社を辞めたい人が、戸惑いを覚えるのは、安定収入も福利厚生もなくなるからではないでしょうか。

FIREが徐々にメジャーになってきている昨今、俺も会社辞めてえ、との衝動に駆られる御仁も、増えているのではないかな、と。

定年が延長しつつある今、年金支給も延長が検討されています。

つまり、働く期間が長くなってるということ。

人生をマラソンにたとえると、距離をのばされているわけで、それだけでも疲れますよね。

定年まで勤めあげて、 65歳からのリタイア生活だと、残された時間は人にもよりますが、そんなに長いわけではありません。

さらに言えば、たとえば 35歳からのリタイアであれば十分あった体力や気力も、衰えているわけで。

そう考えると、一口にリタイアと言っても、その時間価値にはかなりの違いがあるのかもしれません。

僕自身、会社勤めをしながら、海外旅行に行っていたのは、圧倒的に30代の頃でした。

60代になった今は、もう、海外に行きたいとは思いません。

30代の頃は、そうしたことを予想もしていませんでした。

でも、だからこそ、若い頃に、行きたいところに行っておいてよかったと思っています。

安定収入や福利厚生がなくなるのは不安かもしれませんが、若いときの時間、こそが、もっと大切だと、どうしても、思ってしまいます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする