眠れなくなり、仕事に支障が出ています

今は田舎暮らしなので、騒音で眠れないということはありません。

ただ、若い頃、東京に住んでいたころは、隣人の音で眠れなかったことはあります。

また、分譲マンションに住んでいたころは、駅前だったために、深夜でも酔っ払いの声が聞こえたりしましたね。

さて、今日は、かなり深刻な話。

【相談】

 夫は個人タクシーの運転手で深夜に働いているため、昼夜逆転の生活をしています。ところが、うちの隣でマンションの建設が始まり、日中、工事の音がうるさくて眠れなくなり、仕事に支障が出ています。コロナでお客が減って大変なのに加え、不眠になり、さらに売り上げが激減。建設業者に慰謝料を請求したいのですが、どうしたらいいのでしょうか。(神奈川県・49才・パート)

【回答】

 所有者が自分の土地でマンション建設をするのは自由です。その一方で、隣接する住民にとっては平穏な日常生活はもちろん、睡眠や休息は人間生活にとって不可欠です。周囲の住民の受忍限度を超えて、平穏な生活が脅かされるような騒音になれば、不法行為になる可能性があります。

 騒音規制法は、建設工事で杭打機、削岩機、鋲打機などの一定の工事機械やパワーショベル等の重機を使用する作業を「特定建設作業」として規制対象にし、騒音を規制する地域は市長や知事が指定します。あなたのお住まいが規制地域に含まれるかは、地元の役所に聞けばわかります。

 規制される騒音の基準は、工場などの騒音については市長や知事が定めますが、特定建設作業による騒音は環境大臣の告示が基準になります。

 基準では時間帯は地域で違いますが、夜間の特定建設作業はできず、工事できる時間でも工事現場の敷地の境界線での騒音が85デシベルを超えてはならないとされています。デシベルとは音の大きさを表す単位で、85デシベルは相当にうるさい騒音です。大声で話さないと会話が成立しないほどでしょう。敷地境界で85デシベルの騒音があれば、隣接住宅内で安眠は到底できないと思いますが、これを超えない限り、騒音規制法違反になりません。

 違反があれば、市町村長が防音方法の改善や作業時間の変更を勧告し、従わないときはこれらを命令することができ、違反者は5万円以下の罰金で処罰されますが、「特定建設作業」を規制するだけです。前記の杭打機などの機械や重機を使った工事でなければ規制されません。

 自治体によっては特定建設作業の幅を条例で広げているところもあるようですが、法律等や条例だけでは騒音問題の解決は難しいと思います。

 しかし、建設工事の騒音が著しく、窓を閉めた室内で日常会話もできない状態が長期間継続したり、健康被害を生じるようになり、建設業者に訴えても容易に実施できる防音措置や作業方法の変更などの対策をとってくれない場合には、受忍限度を超えていると評価される可能性があります。

 その場合は生活公害として、周囲の住民と一緒に役所の公害や環境担当の窓口で相談するのがよいと思います。

 ただし、日中に安眠できないという程度にとどまれば、「建設工事は完成すれば終了するので、しばらくの間はがまんしてください」と言われるように思います。業者に慰謝料を請求するのは現実的ではないでしょう。

上記は、マイクロソフトニュースからの引用ですが、業者に慰謝料を請求するのは現実的ではない、とのこと。

周囲の住民と一緒に役所の公害や環境担当の窓口で相談するのがよい、と言われても、役所はおざなりの対応をするだけでしょう。

お金があれば、その場所から引っ越すということもできるのでしょうが、本当に先立つものはお金、です。

お金があれば選択肢が広がるし、自由度も上がりますからね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする