風のように生きていけば、困ることはない

経済破綻せずに済むには、少しだけ数学が必要です。

数学というよりも、算数、ですね。

それも、関数や方程式などは要らないんです。

加減乗除ができればいい。

さらに言えば、足し算と引き算さえできればいいんです。

月の年金が6万円だとしたら、その範囲内で暮らせれば、赤字にはなりません。

たったそれだけのこと。

僕は、現在も、月6万円生活ですが、生活が苦しいと思ったことは一度もありません。 

まだ、年金をもらうまでには間がありますが、そのまま年金生活に入ったら、今よりも、暮らし向きは楽になります。

老後2000万円問題は、年金の範囲内で暮らす気のない人のモデルケース。

僕の場合は、6万円で暮らせるので、同級生の半分程度の年金ですが、十分それでやっていけます。

天国じゃなくても、楽園じゃなくても、

あなたに会えた幸せだけがあれば、それでオッケー。

みんなで、風になろうじゃねえかい、ってね。

まあ、風のように生きていけば、困ることはないんです。

あとは、どこ吹く風って、言うじゃないですか。

世間の常識など、どこ吹く風で生きていけばいいんじゃね、と思いますね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする