女性の2人に1人が90歳を迎える時代の老後生活

僕の実母が死んだのは51歳、

そして、義母が死んだのは88歳。

女性は、一般的に男性よりも長生き。

そのため、老後生活は長くなりがち。

それに伴って、お金の準備も必要。

以下は、ネット記事からの引用。

女性の2人に1人が90歳を迎える時代になるので、夫婦の場合、妻が90~95歳まで生きることを前提に、だいたい65歳から25~30年間の生活費と特別支出を割り出しましょう。その他、医療費と、介護に備えて、夫婦ならプラス500万円ぐらいあるといいです。

実際にそれらを足した場合、実は年金プラス1000万円ぐらいですむケースが多いんです。平均すると、700万円から1500万円の間で落ち着く場合がほとんど。特に、今の若い世代は贅沢をしないので、15万円あれば暮らせるという人も少なくないのではないでしょうか。

うーん、夫婦で暮らしていても、

大概は、旦那さんのほうが先に死ぬことが多いので、

女性は、そこも考えながら、生きていかないと、ね。

遺族年金は非課税なので、

税制面では、優遇されているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする