「70歳就業法」と「年金の受給開始年齢の引き上げ」

知っている人は知っていると思いますが、

年金の受給開始年齢は、今現在65歳となっています。

以前は55歳から始まり、60歳、そして65歳と徐々に引き上げられていきました。

そしてまさに、やがては、70歳に、という流れ。

55歳受給当時と比べると、15年の差。

55歳で年金を受給し始めた国鉄職員が、長生きをした場合、

たとえば、95歳で死んだとしたら、

実に40年間も、今よりも率の良い年金を、

受給していたことになります。

働いていた期間よりも長い年金受給期間。

まさに惰眠を貪るような日々。

それに引き換え、今後の高齢者は、そうは問屋が卸しません。

受給開始年齢が遠くなるだけでなく、

さらに怖いことに、受給できる年金額が、

徐々に減少している点も触れないわけにはいきません。

今後の金額は予想できませんが、

少なくとも増えるとは到底考えにくく、

減っていく可能性の方が高いと見てよいでしょう。

僕は、間もなく年金が受給できる世代ですが、

今の若い人たちのことを想うと、

切なくなるばかりです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする