FIREの中には、苦痛からの逃避、も、ある

賢者は快楽を求めず、苦痛なきを求める

とは、 アリストテレスの言葉。

昨今のFIREというブームの中には、

苦痛からの逃避、も、あるでしょうね。

ただ、いくつか前の記事、

生活保護以下の底辺リタイア生活は幸せなのか、

でも言及したように、

手持ちの資金が少ない状態での早期リタイアは、

その年齢にもよりますが、かなり危険。

よく、逃げ切り計算機の話が出ますが、

30代、40代あたりのリタイアだと、

年金受給までの期間が長いので、

厳しめに試算しておかないと、あとでえらいことに。

僕の場合は、50代後半での介護離職。

FIREなどでは、さらさらなく、

資産というほどのものもなく、

わずかな株と現金でけ。

アルバイトで糊口をしのぎながら、

何とか今までやってきました。

そして今は、そのアルバイトもコロナで終了し、

持ち金を計算し、

何とか、

年金支給、

特別支給の厚生年金受給に、

たどり着きました。

アリストテレスの言葉に戻ると、

快楽の追求よりも、まずは苦痛からの脱却を。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする