生活残業という言葉を聞いたことがありますか

「生活残業」とは、生活費として残業代を稼ぐため、意図的に残業することをいいます。日本企業で長時間労働が問題となっている理由の一つは、「生活残業」を当てにする労働者が多いこと。この背景には、会社側は従業員一人ひとりがどのように働いているかを把握し切れず、従業員側は意図的に仕事の工数や働く時間を増やすことができ、さらにそれが高評価に結びついているという、日本企業ならではの根深い問題があります。

上記が、生活残業の定義ですが、生活残業をあてにしなければ、生活が成り立たないのだとしたら、それは大問題です。

日本的賃金制度の崩壊

アルバイト先での話ですが、60代のある先輩は、30代の息子夫婦と同居しています。これは、息子のほうから申し出たことらしく、家賃を浮かせたいのが最大の理由のようです。

その先輩が言うには、自分たちのときとは、賃金体系が違っている、とのことでした。以前の日本は、子育て世代には手厚い給与が支給されていました。いわゆる、年功序列賃金ですね。

しかし、今は、だんだん実力主義、あるいは成果主義に移行中です。こちらのほうが、世界標準なので、仕方がないのですがね。つまり、従来の日本的賃金制度はすでに崩壊しつつあるのです。

生活残業もなくなる方向に

政府主導で働き方改革の音頭を取っていますが、まあ、バックには経団連とかの、ロビー団体がいるんでしょうね。つまりですね、生活残業は、できなくなると思うのですよ。

うだうだと会社に居残って残業代を稼ぐことはできなくなりつつあります。会社も、その辺は見逃しませんからね。

投資の有効性

会社に依存せず、自分で稼げる力を身につけておかないと、今後ますます厳しいことになると思っています。

まずは、無駄を省いた生活。次は、生きていけるスキルの獲得。スキルの中には、当然投資能力も入ります。

現在、僕の投資収支は、今年もプラスですが、今は少しずつ、現金比率を高めているところです。暴落リスクにも、備えておかないとね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする