マクドナルドでは、ときどきびっくりするような年寄りが働いている

マクドナルドと言えば、だいたい若い女の子が接客してくれることが多いと思っていました。

事実、今でもマクドナルドの接客店員の主力は若い女の子だとは思うのですが、今年行った沖縄では、おばあさんが接客してくれました。ゆいレールの赤嶺駅近くのマクドナルドでした。

僕が今アルバイトに行く途中にも、マクドナルドがありますが、早朝の清掃なのかな、お爺さんが働いているのを見ますね。

また、別の店では、腰が極度に曲がったお婆さんが、ゴミを集めて回る仕事をしているのを見たこともあります。

1億総活躍社会ですかね

2015年10月に発足した第3次安倍晋三改造内閣の目玉プラン。安部首相自身が次の3年間を「アベノミクスの第2ステージ」と位置付け、「一億総活躍社会」を目指すと宣言しましたね。

若者も高齢者も、女性も男性も、障害や難病のある方々も、一度失敗を経験した人も、みんなが包摂され活躍できる社会 、だそうですが、その一方で、生活保護受給者は増加の一途をたどっています。

ドライブスルーで見たおばあさん

マクドナルドのドライブスルーで、おばあさんに商品を渡されたこともあります。たいがいは、若い娘、あるいは、中年の主婦が多いのですが、その日は、おばあさんでした。

楽天ポイントで支払えることを知ってから、マクドナルドには、月に2回くらいは行くようになりました。それまでは、3年くらい行ってなかったと思います。

その間に、雇用状況が変わったということかもしれません。外国人の店員も目にしますしね。外国人と言えば、僕が介護離職するまで働いていた新宿では、行きつけのサブウェイの店員は外国人でした。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする