引きこもり年末年始の小さな旅

最近はすっかり出不精になり、家にいる時間が圧倒的に長くなっています。家で日向ぼっこをするネコの心境に近いかもしれません。

まあ、そんな年末年始でしたが、近所をうろつくぐらいのことはしました。

年末は友人Oと隣町を散策

年末の29日には、友人Oと隣町を3時間ほど散策しました。のどかな田舎道を歩くだけの、小さな旅です。

友人Oは、母親の介護をしているため、土曜日しか時間が取れません。年に何回か、この友人Oと、近場を散歩します。

湖と氏神様と図書館

おひとり様の年末年始は、普段とほとんど変わりません。12月30日、31日、元旦と、自宅に引きこもっていた僕ですが、2日には、近くの湖に行ってみました。

新年早々釣り糸を垂れる人を散見しました。

小さな湖ですが、半周できるので少し歩きました。

足漕ぎボートに乗る人もなく、静かな湖面。晴れた空が、何よりの風情。

3日は、氏神様に参拝し、昨日は、隣の市の図書館に行きました。僕の町の図書館は、昨日も休みでしたからね。

図書館の駐車場に車を停め、図書を返却したあとは、図書館周りを散策。そこそこ大きな公団の団地があり、それらが建っているのが小高い山の上なので、ちょうど良い傾斜の運動になります。

家の近隣でも、見る角度を変えると、知らない風景に出会えたりして、ちょっとした旅をした気分になれます。今の僕は、そんな小さな旅で満足できるくらい、体力も好奇心も落ちているのかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする