作業服を返し離職票を貰い飯能を散策

昨日は朝、玄関前の木の枝切りをしました。

この時期の、木をはじめとした植物の成長は早いので、まめに枝を切っておく必要があります。

そうすることで、夏場の作業が楽になりますからね。

さて、昨日は、洗濯した作業服を返しに、先週の21日まで勤務していあアルバイト先に行きました。

作業服を入れた大き目の紙袋に、地元特産の柚子を練りこんだお菓子の詰め合わせを手土産に持って行きました。

30代と40代の二人の上司にお礼を言って返却。

そして、同時に離職票2枚とその他の書類をもらいました。

その後、天気もいいので飯能市役所へ。

アルバイト先の職場も飯能の端っこにあり、狭山市との境目あたりですが、入間市にも近く、3市の境界線のあたりの場所にあります。

さて、市役所の駐車場に車を止めて、まずは東飯能の駅ビルの中にある書店へ。

そこで少し立ち読みをし、11時になったので、早めにランチをと思い、鳥良商店へ。

なんと、まだ営業は自粛状態で張り紙が。

仕方なく、飯能の駅ビル内にある日高屋へ。

東飯能と飯能は、歩いても楽に行ける距離なので、散歩が楽。

日高屋で食事するときの定番、中華そばと餃子のセットと、生ビール。

生ビールは、税込み300円で、トータルで、890円。

その後、街を散策し、去年できたという木工細工の店で、無料の杖をゲット。

鈴が付いていて、歩いていると鈴が鳴る仕組みになっていました。

うーん、飯能も、川越みたいに電柱を地下に埋めたりすれば、もっと風情が出るのですがねえ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする