壺湯からひこうき雲を見る

今日は母を連れ、鶴ヶ島の蔵の湯に行ってきました。家を9時過ぎに出て、9時半前には着いたのですが、駐車場は車でびっしり。やはり、まだ正月休みの人が多いのでしょう。

まずはロウリュウで汗をかく

ちょうど9時半からロウリュウが始まるところでした。ロウリュウは、サウナ内で、熱く焼いた石に水を掛ける事で大量の水蒸気を発生させ、体に負担を掛けずに急激な発汗を促すサービスです。

サウナストーンにアロマ水を掛けることで、マイナスイオンを大量に含んだ熱雲を発生させるロウリュウは、確か2時間おきくらいでやっているので、先にサウナに入りました。

これを逃すと、次は早くて2時間後になりますからね。従業員の若者が、天井付近にたまった熱気を、タオルをシーリングファンのように振り回して、下におろします。天井からの熱気を感じました。

その後、一人一人に、うちわであおるサービスがあります。これはおかわりができ、僕は2回、追加で扇いでもらいました。

スチームサウナでゆったり

人気のある炭酸泉と壺湯はいっぱいだったので、そのあと、屋外のスチームサウナに行き、大量の湿気を浴びました。こちらは低温なので、ゆっくりできます。

その後、壺湯が空いたので壺湯に入り、青空をしばらく見ていました。真っ青な空に飛行機雲が一つありました。

埼玉県中西部の良いところ

僕の家から車で気軽に行ける範囲で、日帰り入浴施設が10数件あります。これは微妙に田舎である埼玉県中西部の良いところかもしれません。

蔵の湯を出たあとは、天気が良いので日高方面をドライブしました。高麗神社に行く人が多いのか、道がいつもより混んでいました。

渋滞を避けて帰宅し、昼食を作って母に食べさせたあとは、母は疲れが出たのか眠っています。近場の温泉施設でも、体が温まると良く眠れるそうで、たくさんの入浴施設が近くにあることは、高齢の親を持つ僕にとってもありがたいことです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。