廃屋のような古家を安く買い取って、低支出で暮らしている男

僕の知り合いで、早期リタイアして、仙人のような生活をしている者がいるのですが、以前、その彼を紹介した記事も書きました。

で、人間嫌いなので、俺のことは構わないでくれ、ということで、彼のことを書いた記事は、削除する羽目に。

で、その彼が、廃屋のような古家を安く買い取って、低支出で暮らしているのですが、月の支出は、以前は5万だと聞いていましたが、最近は、さらに下がって、3万だそうです。

まあ、家賃がないので、3万円で、過ごせるのでしょう。

ストレスはないかと聞いたら、ないと言っていました。

ストレスを感じていたのは、工場勤務のときだったそうです。

とにかく仕事が嫌いで、一日も早く、退職したかったそうで、お金をせっせと貯め、廃屋を買い取って、今の生活に突入。

3万円でも暮らせるのは、物欲がないからでしょうね。

その彼ですが、猫と一緒に暮らしています。

僕も猫は好きです。

犬も、好きですが、飼うとしたら猫でしょうね。

理由は簡単で、散歩に連れて行かなくていいから。

それはそうと、僕よりも年下ですが、リタイア生活では先輩の男の話です。

まあ、彼は僕よりも10歳以上年下ですが、リタイア生活では、彼のほうが先輩で、風貌も仙人のような男です。

仕事をしていなくても、退屈はないそうで、それは僕も同じなのですが、お互い、無職生活が似合っているのでしょう。

で、無職生活の利点を考えてみました。

まず、雨の日に会社に行かなくていいこと。

満員電車に乗らなくていいこと。

会社で、不本意な業務命令に従わなくていいこと。

会社の人間関係から、解放されること。

いいことはまだまだありますが、もう一つ付け加えると、インフルエンザにかかるリスクがないこと。

だって、無職で家に引きこもっているのですから、空気感染のしようがないのですよ。

お金がそこそこあっても、社畜で時間も自由も制限されるより、低支出で自由に暮らす生き方のほうが、ストレスフリーで良いかも、と思うのは僕だけではないでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする