僕が本を買わなくなった理由

僕は、実は本を数千冊所有していましたが、今は100冊程度に絞っています。

本にせよ、衣類にせよ、本来、そんなに数は要らないのです。本当に必要なものを、少数、持っていれば良い。

で、僕が本を買わなくなった最大の理由は、結局、大半の本というのは、もうすでにみんなが知っていることを、切り口を変えて言い直しているものだ、という事実に、うんざりしたからなのです。

ただでさえ、出版不況で本が売れない時代なので、出版社のほうも、どうしてもエッジの効いたことを書くしかなくなるわけです。

その流れから、コケ脅しのタイトルが多くなる、でも、中身はスカスカ、みたいな。

ならば、図書館で古典を借りてきて、読んだほうが良い。

たとえば、孫子、とか。

時代に耐えて、生き残っている書物は、価値がありますからね。

出版社というのは、ビジネスとしてやっているので、彼らの主張に振り回されるのではなく、自分にとって、本当に役立つ知識を手に入れるために本を読む、ことが大事かな、と。

だったら図書館を最大限活用すればいいんじゃね、と。

で、読み終わった本は返却してしまえば、部屋の空間で場所を取ることもありません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする