僕にとって、生活の優先順位のトップは睡眠時間がたっぷりあること

人間の基本的な欲望、食欲、性欲、睡眠欲、のうち、僕がどうしても譲れないのは、睡眠欲。

これは、欲と言うよりも、生命維持と、健全な精神を保つためには、不可欠なもの。

勿論、食欲も満たさなければ生きてはいけませんが、性欲などは、自分が生きるためには、欲望の順位としては低いでしょう。

で、睡眠時間さえしっかり確保されていれば、たいがいのことは上手く行きます。僕の場合は、ね。

事程左様に、僕にとっては、眠りは重要なのです。

眠りによって気力を回復し、体力を回復していますからね。

これが損なわれると、土台が揺らぐ感じです。

しかし、現役時代は、サラリーマンの常と言うか、日常的な睡眠不足。

これを、休日に回復しようとするのですが、人間の体というモノは、食いだめができないように、寝だめもできないのですよ。

やっぱ、睡眠は、日々の生活の中でしっかり取るしかないと、このようになっております。

睡眠については、以下の記事でも言及していますが、本当に眠りは大切で、これは、幸福の基本中の基本。

たっぷり眠ることの効用

一日8時間労働と5時間労働の疲れ方の違い

良い睡眠があってこそ、良好な精神と健康に恵まれると、僕は考えています。

たとえ高収入でも、睡眠時間を削って働いている人は、僕には良い人生には見えません。たとえば、忙しすぎる芸能人、とかね。

お気楽に、たっぷりと眠る時間のある人生のほうが、上質だと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする