誰かが自分を幸せにしてくれると思っている人は一生幸せになれない

他者依存というのでしょうか、誰かが自分を幸せにしてくれるはず、と、思っている人が、ときどきいます。

まあ、これは、依存先は人間だけに限ったことではなく、お金があれば、幸せになれる、というタイプの依存もありますね。

あるいは、もっと自分が良い大学を出ていれば、今は違った人生になったはず、みたいな、もう変えようのない過去の仮定まで持ち出して、幻想にしがみつく人がいます。

それら、すべては、幻です。

他人も、お金も、学歴も、それ自体が、あなたを幸せにすることはできません。

あなたを幸せにするのは、あなたです。

あなたしか、あなたを幸せにはできません。

この、至ってシンプルな原理原則に気づけば、人生を生きるのは、かなり、楽になります。

だって、自分次第の人生が送れるようになるのですから。

そうは言っても、世の中の諸々の事象はあなたの力ではどうにもなりませんよ。

世の中をどうにかしよう、という話ではないんです。

起こり得る事象はそのままにしておいて、あなた自身が、幸せに生きることなんです。

わかりづらいですか。

ならば、まずは、他者(人間だけではなく、お金や宗教組織、その他諸々の自分以外の存在)に、依存することをやめませんか。

それだけで、すごく自由になれるだけでなく、楽に生きられるようになります。

そういうお前も、何か食べて生きているんだろ、食物依存じゃないか、という意見もあるかもしれませんが、生存に必要な適度な新陳代謝は、ここで言う依存とは違います。

しかし、吐いてでも食べたい、などという過食は、明らかに、依存です。

買い物依存、ネット依存、何でも、過剰に頼りすぎるものは、依存なのです。

そうした偏りをやめて、足るを知って生きていれば、心は概ね静かです。

誰しもが荒波のような世の中を生きているわけですから、常に平静、というわけにはいきません。

ただ、概ね静か、であることは、可能です。

その程度の平らな心の状態を、まずは目指し、維持していくことが、他者依存から離れた心地よい状態、なのではないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする