この地上生活そのものが、夢のようなもの

今朝がた、久し振りに霊夢を見て、目が覚めました。

霊夢というのは、通常の夢とは、明らかに違うので、すぐにわかります。

霊夢の場合は、魂が霊界(実在界ともいう)に行き、そちらの世界での体験なので、単なる頭の中の雑念を整理する夢とは違うのですね。

前回、このブログで、霊夢について記したときは、死んだ母が出てきて、かなりストーリー性もあり、飛翔感もあったのですが、今回は、研ぎ澄まされた知性というか、落ち着きがある中にも、深い喜びがある霊界生活の一コマを見てきた感じでした。

僕が、睡眠を重要視する大きな理由の一つが、実はここにあります。

実は、人間というモノは、多次元的存在であり、たかだか100年足らずのこの地上生活とともに消滅してしまうものではありません。

地上での経験は、その多次元的存在の体験の一部として共有されはしますが、まあ、端的に言えば、その程度のものです。

まあ、一瞬の夢、と、言い換えてもいいかもしれません。

つまり、この地上生活そのものが、夢のようなものなのですね。

これを、荘子は、胡蝶の夢、という言い方で、上手く表現しています。

まあ、それはいいとして、何が言いたいのかと言うと、この地上世界というのは、実にむさくるしく、閉塞感があり、不公平で、息苦しいのですが、この不自由な世界での体験が、実は、のちに、のちにというのは、死んだ後ということですが、大きな意味を持ってきます。

実在界から俯瞰すれば、この訳の分からない地上生活も、それなりの意味があることがわかります。

で、まあ、そういう話を長々とするときりがなくなるのでこの辺にして、今朝がた霊夢を見て改めて実感したのは、知性の根源は霊界にある、という生々しい感覚でした。

地上の知性、地上の科学などは、たかが知れています。

バカにして言っているのではありませんよ。まあ、それは、この地上界そのものが進化の途上にあり、そう言う位置づけにある、というに過ぎませんからね。

インターネットの普及で、だいぶ霊界に近づいている感のある地上界ですが、霊性の進化が進めば、さらに近づいていくことができると思っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする