日常的な幸せには、ほとんどお金はかからない

若い頃は特別な経験から、より大きな幸せを感じる傾向があるが、年をとるとともに、何ということもない普通の経験に幸せを感じるようになる、ということを、発表したアメリカ人研究者がいます。

これは、頷けます。

それと言うのも、僕が、それに当てはまると思うから。

たとえば、旅行。

旅行好きでしたから、国内海外、いろいろ行きましたが、近場をおろそかにしていたのですよ。

そしてまた、変哲のない日常を、さしてありがたいとも、思っていなかったのですよ。

ところが、このところしみじみ思うのは、わざわざ遠くに行く必要もないかな、ということ。

むしろ、近場にこそ、面白みを見つけられるし、さらに言えば、変哲のない日常にこそ、喜びを見いだせているから。

これは、生命力が落ちてきて、アクティブではなくなっているから、という理由もあろうかとは思いますが、それだけでもなく、旅行で得られる喜びは、もうあらかた想像がついてしまうせいでもあります。

つまり、過去の経験が、結果を先読みしてしまうのですね。

だったら、無理して行かなくてもいいか、と。

それよりも、身近にある幸せに注目しよう、と。

実は身近にこそ、かけがえのない幸せがあったりしますからね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする