自由は「万人向け」ではない

僕は、転職が多かったのですが、そのおかげで、いろいろな人を見る機会がありました。

そして、つくづく思ったのが、十人十色だなあ、ということ。

僕は、自由、ということを、人生の上位価値に置いていますが、実は、そうでもない人が多いという事実。

縛られ癖がついているとでも言うんでしょうかねえ。

組織に依存し、組織に繋がれていないと安心できない人の、なんと多いことか。

そして思ったのが、自由は「万人向け」ではないのだなあ、ということ。

それでも「自由を楽しめる人」はいるにはいます。

僕みたいな、ね。

で、そういう人に共通するのは、 創造者マインドがあるということ。

一方、創造者マインドがない人は、奴隷根性になりやすいということ。

つまり何が言いたいのかというと、創造者マインドを持っている人は、 自分で自分の人生を生きることができる、と。

あるいは、 生きることそれ自体を遊びにできる、と。

自分の人生を生きてるから、他人がどうだろうと気にもならないし、今この時を生きてるから、過去や未来はありません。

どうやったらもっと楽しめるのか?

それをいつも自分に問いかけて即実行する人生を、僕は生きています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする