幸せな人間しか、他人を幸せにすることができない

このタイトルからして、もう説明するまでもないことなのですが、 幸せな人間しか、他人を幸せにすることができない、ということは、真実です。

自分が楽しく生き生きと暮らしていれば、周囲の人も楽しく生き生きと暮らせるし、これが端的に現れるのが、家庭、でしょう。

ぶっちゃけ、両親が幸せに暮らすことが、子供にとっても、幸せなのです。

いちばんダメなのは、 「あなたを思ってしてやってるのに!」 という在り方。

まずは自分が幸せになることが、周りの人のためでもあるのです。

なぜなら、幸福は伝染するものであり、自分が幸せであればあるほど、周囲の人たちを幸せにできるからです。

一方、 「人のために自分を犠牲にする」のはだいたいは「ありがた迷惑」で終わります。

あなたが親であれば、まずは自分が最高に幸せになること。

それが、結局は、子供を幸せにします。

子供は、親が幸せにしているのが、何よりもうれしいのですから、ね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする