強迫観念のない生活は、ストレスのない生活

朝、好きなだけベッドにいられる。

アラームに起こされることがない。

べッドで好きなだけ本が読める。

昼間にシャワーを浴びて着替えたくなければ、それでいい。

朝食が午後2時だって、だれが気にするの? 

好きな読書をして、好きな音楽を聴いて、

その気になれば、何かを研究することもできる。

友人と、時間を気にせずに長い電話もできる。

映画やドキュメンタリーを見ることもできる。

森の中や川沿いを散歩すると、魂や肉体的精神的健康をやしなってくれる。

うーん、上記は、 Catherine Andrews氏 の弁。

「なにかしなければならない」

という強迫観念のない生活は、

ストレスのない生活。

楽しいことだけを追いかける人生。

それが、結局は、最適解。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする