1人の時間こそ、財産

一人の時間が確保できないと、人間は枯渇していきます。

いつも組織の中の歯車としての役割しか与えられていないと、枯渇していきます。

僕が会社員時代苦しいと思ったのは、大概そんなときです。

当時は、リタイアなどという発想はなかったので、どうやって自分でも続けられる会社にもぐりこもうかと、そればかりを考えてきました。

僕が転職が多かった理由も、そこにあります。

さて、今日は、ひろゆきの考え方が、一つの参考になるのではないかと思い、紹介してみます。

 これからの時代は、1人の時間をどう過ごすかが大事です。YouTubeでいきなりバズって世に出てくる人が増えています。彼らは、プライベートの1人の時間で「これをやってみよう!」「おもしろいに違いない!」と、自分発信でやることができたのです。

 会社や組織から「これをやれ」と言われたわけではなく、自分がおもしろそうだと感じたからやってみた。この体験こそが財産なのです。

 そのためには、いかに労働から切り離されて物事を考えられるかが重要です。

 今の会社で給料に見合う仕事ができていなのであれば、「お金を貯めておく」「プライベートを充実させる」「お金をかけない趣味を見つける」という方向へとシフトさせましょう。間違っても、会社にしがみつきながら浪費生活を続けるようなことはしないほうがいいです。

 なぜなら、いざ、会社が傾いたときに真っ先に切られるのがあなただからです。その危機感は持っておいたほういいでしょう。もちろん給料以上にパフォーマンスが出せているのであれば、今の職場からも別の会社からも引く手数多です。でも、そんな人は絶対的に少数ですからね。

 どんな職場でも、出世していけば「事務スキル」が必要になります。でも、事務スキルって「やれば誰でもできること」なんですよね。そこでしのぎを削ってスキルを磨いても、そんなに差は生まれません。事務処理能力の速さなんて、受験勉強のようなものですから。

 それよりも、「誰も興味を持たないけど、ついやっちゃうこと」を極めるほうが遥かに価値があります。女装が趣味でそれを極めたことで有名になる男性がいます。虫を食べるのが好きすぎて、極める人だっています。マニアックな国の料理が大好きで、ある国の料理を東京都で唯一提供している飲食店だってあります。

 いずれも、「儲かるからやる」「言われたからやる」というレベルの話ではありません。自分の内側から込み上げてくる使命感のようなもの突き動かされているのです。

 僕は今、1日中、引きこもってゲームや映画に時間を使っています。いわゆる「FIRE」状態に近いかもしれません。でもたまに、「こんなサービスをやってみようかな」と思い立って、それにお金や時間を使うようにしています。

 でも、基本的には無理をしない。無理をするというのは、他人との競争や焦燥感、嫉妬などを原動力にしてバリバリ働くようなことです。いわゆる「レッドオーシャン」と呼ばれる市場であれば、その力が必要です。でも、1人で考えて行動することは競争相手の少ない「ブルーオーシャン」であることがほとんどです。

 今の職場で結果を出すか、それとも、ほどほどの仕事量で1人の時間を充実させるか。ぜひ、それを見極めてみてください。

レッドオーシャンで企業のコマとしてずっと働かされていると、時間と労力だけを搾取されていきます。

人生の大半の時間を企業に搾り取られて、プライベートタイムは疲れ切って寝るしかない、と。

これが、僕が若い頃の日本企業の実態でした。

少なくとも僕が逃げ出した会社はみな、このタイプ。

で、僕が長く働くことのできた会社は、給料こそさほど高くないものの、ストレスが少なく、自由度が高く、休日もたっぷり確保されている会社でした。

有休も全部消化して、平日にも旅行に行けたりしていました。

なので、特別な能力もなく、自分で起業できない人には、ゆるい会社を見つけるという選択肢もあります。

僕の場合は、転職を繰り返すことでそうした会社に巡り合えましたが、今の社会状況は、当時とは違うでしょうし、ますます労働だけに依存する人生は危険かもしれません。

やはり、小さくてもいいから、副業をしつつ、それを育てていくことがいいのかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする