人生で無駄なものは、劣等感

まず、前提として、自分が楽しくなければ、人生は無意味、だと、思っています。

ただ、注意点が一つだけあり、自分が楽しいことが他者にとっての迷惑になってはいけない、ということ。 

ただ、この注意点にも例外があり、人が幸せそうにしているだけで不快になる人が、ごく少数ですがいますから、そうした人が勝手に不快になることの責任までは関知しません。

で、人生で無駄なものは、劣等感。

まあ、この劣等感も、若い頃に発奮材料として使う分にはいいのですが、もういい年になったら、たとえば、僕のようなシニアと言いますか、60を過ぎたら、劣等感で苦しむこと自体が未熟すぎます。

これは、本人の自業自得でしょう。

で、老後は、どうしても一人時間が長くなりますからねえ。

仕事に生きがいを感じていた人は、つらいかもしれません。

僕のような、仕事のあまりできなかった落ちこぼれは、老後こそが天国。

また、ずっと独り者だと、妻や子に先立たれる不孝というものも、そもそもありません。

人生で何がつらいって、愛する者に先立たれること。

これを仏教では、愛別離苦と言いますが、四苦八苦の一つ。

人生は、いつ何時、何があるか、わかったものではありません。

だからこそ余計、今、が、大事なんです。

それと、物欲には、際限がありません。

なので、ここを満たそうとすると、蟻地獄です。

だから、鴨長明や良寛さんのような生き方が、清々しいのですよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする