楽天主義のすすめ

何と言っても世の中、楽天家のほうが得。

まず第一に、体にいい。

悲観的な人は、病気になりやすいと言います。

そりゃあそうですよねえ、悲観的になり体の機能は落ち、で、病気を呼び寄せているようなもの。

一方、楽観主義だと、体も調子が良くなっていきます。

人間は千差万別ですが、個々の持つ可能性には大差はありません。

楽観主義で生きていると、他人にも寛容になれます。

人が変わるには時間が必要だということもわかっているので、相手の成長を辛抱強く待つこともできます。

ただ、ここで注意すべきは、妄想的楽観主義。

これは能天気なだけで、足腰が弱い妄想家。

真の楽天家は、非情なまでに現実的です。

つまり、現実をありのままに受け入れて、

どう対処するのがベストかを楽天的に考えられる人が、

真の楽天家なのです。

真の楽天家であれば、

好き嫌いで判断するのではなく、

どうするのがベストかを冷静に俯瞰して、

合理的な判断を下すことができます。

安定した精神状態による余裕こそが楽天家である、とも言い換えることができます。

この安定があるからこそ、不測の事態にも柔軟に対応できるのですね。

楽天家は、お金や地位などの外部要因に依拠するのではなく、

自分の中にある安定した精神を拠り所としているため、

どこにいても、いつの時も、楽天家でいられるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする