その時代なりに、必要な人材は、必ず出てきます

少子化が止まらない日本で、将来を危ぶむ声をよく聞きますが、

時代精神というものがあり、

その時代なりに、必要な人材は、必ず出てきます。

これは、天の摂理。

さて、渋沢栄一が自らを戒めるのに活用した中国の古典。

その、書経の中の言葉。

・寛容でありながら、厳しい一面がある。

・柔和でありながら、芯が通っている。

・慎重でありながら、物事の処理が機敏。

・有能でありながら、相手を見下さない。

・従順でありながら、意思が強い。

・直情でありながら、心は温かい。

・大まかでありながら、筋は通す。

・決断力に富みながら、思慮深い。

・行動力がありながら、善悪のけじめはわきまえている。

うーん、 慎重でありながら機敏、というところは、

司馬仲達を連想させます。

有能でありながら相手を見下さない、とか、

従順でありながら意志が強い、とか、

本当にそのようにありたいと思うものばかり。

このように、対極を両立させる道を、

自ら歩んだのが、渋沢栄一。

僕も、同じ埼玉県人として、

その筋の通った生き方を、

大いに参考にしています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする