考えすぎると、ろくなことはない

たぶんブルース・リー の映画は全部見ていると思いますが、

有名なセリフに、

考えるな、感じろ!がありますね。

考えること自体は、

勿論悪いことではありません。

なんせ人間は、

考える葦、ですからね。

ただ、考えすぎると、ろくなことはない。

過ぎたるは猶及ばざるが如し、と言いますね。

最近、本田健さんのポッドキャストを、

よく聴いているのですが、

直感の話がよく出てきます。

直感は、誰もが磨くことができます。

誰もが、その能力を高めることができる、ということ。

違和感、も、直感の一種。

僕がカルト宗教を離れることができたのも、

自分の中に生じた違和感を、

勇気をもって見つめたから、です。

この違和感は、

たとえば結婚適齢期の女性であれば、

パートナーを選ぶときに役に立ちます。

ものすごく条件はいいけど、なんとなく嫌、とか、

風采は上がらないけど、惹かれる、とか、

損得を超えた決断をするときに、

威力を発揮します。

損得を考えるのは、頭の仕事。

頭だけで生きている人は、

意外に幸福になりにくい傾向があり、

さりとて、感性ばかりが突出しているのも、

この残酷な世の中を生き抜くには危険で、

バランスが大事かな、と。

神様は、

この世知辛い世を生き抜くためのツールは、

すでに与えてくださっています。

あとは、それに気づいて、

どう活用するかは、

個人の自由意思にゆだねられている、と。

それほど、一人一人は尊く、

治外法権が許された、

かけがえのない存在、なのです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする