風の時代は、変化の時代

風の時代は、一言で言えば、人と違うことが有利になる時代。

過去記事でも書きましたが、同窓会でのこと。

参加メンバーの中で、独身は僕だけ。

女子などは、孫がいる人もちらほら。

まあ、60女に女子と言うのもなんですが、クラスの女子ね、

男でも、孫がいるのもおり、

孫がいるのだから、当然子もおり、

で、皆、僕の年代だと、そんなに転職もなく、

まじめに勤め上げているので、年金も多い、と。

ということで、圧倒的に少数派の同窓会で、

僕は、僕独自の幸福感を覚えました。

俺は、自由だあ、と。

たとえば、妻がいたら、こんなのんきな日々は送れませんよ。

また、子供がいたら、それなりに、大変でしょう。

やっぱり僕は、怠けもの。

とにかく、寝たくなったら寝たい、し、

自分のペースで暮らしたい、と。

で、そんな、クラスメイト達とは全然違う人生を生きてきて、

しみじみ思うのは、

良かったあー、全然間違ってねえー、です。

これからは、人と違ったほうが有利なことは多くなります。

理由を言いましょうか。

多数派は、

見えない常識、普通、という概念の、

外に出ることはないから。

そのため、

動きが、鈍くなります。

その点、少数派は、

もとより少数派ですから、

常識の埒外におり、

変化への対応も早い、と。

風の時代は、

変化の時代でもあり、

身軽さが、キーワード。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする