孤独の良いところは、実にたくさんあります

知者は孤独を選ぶ、と、ショーペンハウアーは、言いました。

孤独の良いところは、実にたくさんあります。

まず、他人からの干渉がない点。

自由に時間を使える点。

まだまだありますが、

ショーペンハウアーは、以下のように言っています。

才知豊かな人は、苦痛や手ひどく扱われることを避け、静寂と閑暇を求める。

そのためしずかでつつましやかな、できるかぎりだれからも邪魔されない生活を求め、したがって、いわゆる世間と多少おつきあいした後、隠棲することを選ぶ。

それどころか偉大なる知者は孤独を選ぶだろう。

というのも、その人自身に常にそなわっているものが多ければ多いほど、外部のものをますます必要としなくなり、他者はますます重きをなさなくなるからである。

それゆえ卓越した精神の持ち主は非社交的になる。

社交の質が社交の量で埋め合わせることができるなら、華やかな社交界で生きていくのも甲斐あることだろうが、残念ながら愚者が百人束になっても、賢人ひとりにおよばない。
「幸福について」より

うーん、 ショーペンハウアーは、かなり誤解されていて、

それは、ニーチェも同様ですが、

一部の人たちからは、見縊られています。

実は、そういう僕自身が、そうした人たちの一人でした。

ニーチェやショーペンハウアーは、

神を信じていない唯物論者なので、レベルが低い、と。

しかし、それは、全くの誤解でした。

ニーチェが最も尊敬する人物が、仏陀釈尊。

今の僕ならば、その理由もわかりますが、

かつての僕は、そんなこともわからなかった。

いや、わかろうとさえ、しなかった傲慢な人間、でした。

孤独の良さは、

孤独を愛する人でなければ、

わからないのかも、

しれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする