クルマの無料点検の帰りにガソリン代の値上げを実感

僕が今乗っている1200ccの小型車は、東日本大震災があった年に買ったものです。何年前とか、西暦何年とかは忘れても、その車を買ったときの大きな出来事というものは、忘れようもなく覚えているものですね。

隣の市にある、中古自動車販売店で買ったのですが、現在走行距離は86000キロほどで、快調に走っています。その中古自動車販売店の、メンテナンスパックというサービスに入っており、今日は、その中の無料点検というのに行ってきました。

無料点検なのにバッテリー交換でお金を払うことに

その無料点検は、オイル交換は無料で、ウィンドウォッシャー液などは、減っていれば補充してくれます。小一時間ほどで終わったのですが、バッテリーが交換時期に来ているということで、新しいものとの交換を提示されました。

これから冬になるので、バッテリー交換は早めに行ったほうが良いと判断し、交換を了承しました。支払いは、楽天カードの一回払い。

ガソリン代の値上げ表示

その中古自動車販売店の帰り、何気なくガソリンスタンドのガソリン代の表示を見て、ずいぶんガソリン代が上がっているのだな、と思いました。

僕は、二年前に介護離職するまでは、都心に往復4時間かけて通勤していました。そのため、車に乗る機会は少なく、ガソリン代など気にしたこともありませんでした。

介護離職後は、買い物や母を整体院や病院に送迎するときや、その他の用事で車を使いますが、仕事や通勤で使う人とは違い、ガソリン代はあまり気にしていませんでした。

しかし今日、道路沿いのいくつかのガソリンスタンドが、127円とか、128円とかの表示を出しているのにびっくり。

帰宅後、ダッシュボードを開けて、まだ捨てていなかったガソリンスタンドのレシートを見てみました。9月7日の日付で、1リットル118円となっています。

今日は、11月7日で、ちょうど二か月前のことです。そして今は、128円。リットル当たり、10円の差です。たがが10円、されど10円。

スポンサードリンク

ガソリン代にもポイントを付けるけれど

僕は、ガソリンを入れるときも、ポイントを貯めるようにしていますが、ポイントが貯められるガソリンスタンドは、逆に単価が高かったりします。それでは、何のためのポイントかわかりません。

いろいろと、試行錯誤した結果、現在は、おもにシェル石油で、ポンタカード払いで入れるようにしています。Tポイントが貯まるENEOSよりもお得なのですね。

まあ、そんなに車に乗るわけではないのですが、塵も積もれば山となるで、1円2円を馬鹿にしない生活が続いています。

コメントの入力は終了しました。