無水カレーはコスパも良くて二度おいしい

先日、初めて、無水鍋でカレーを作ってみたのですが、野菜のとろけ具合と、その味に満足しました。

ローコスト生活の基本は自炊ですが、カレーは、いろいろなルーや、材料、調理法を試みています。

で、気づいたのは、無水鍋によるカレーだと、ルーが少なくて済むだけでなく、野菜がおいしくなること。

ただ、僕の場合、わずかですが、水を入れます。

まあ、ほんとうにわずかな量ですが。

で、大半は、野菜自身や、肉などから出てくる汁でルーを溶かす感じ。

なるべく汁が出やすいように、ナスやトマトも入れました。

毎回必ず入れるのは、ニンニクとジャガイモと人参と玉ねぎ。

これに、今回のようにナスやトマト、を入れたり、ブロッコリーなどを入れるときもあります。

肉のほうは、豚だったり牛だったり鳥だったりしますし、サバ缶やエビ、などのときもあります。

で、無水カレーは、その翌日や、あとで食べるときにも、少し水を足して、温めて食べてもおいしいし、その場合は、新たにルーを追加して、普通のカレーにして食べることもできます。

まあ、二度おいしい感じで、自炊料理の定番レパートリーに加えることにしました。

また、昨日は、その無水鍋で、栗を蒸し焼きにしてみました。

茹でるよりもいいかな、と、思って。

で、これが、正解でした。

焼き栗になって、ホクホクとした良い感じ。

これから、無水鍋の出番が増えそうです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする