朝食抜きの食生活は健康にも家計にも良いようだ

食べること自体は好きなのですが、アルバイトをするようになって、特に午前勤務のときは朝が早いので、ためしに朝食を抜いてみました。

そしたら、ことのほか、調子が良いのですよ。

ちなみに、今月は午前勤務なので、まったく朝食は食べていません。

6時過ぎに家を出、12時20分まで働き、直帰の場合は、家に着くのが13時ごろ。

それから、食事を作って食べると、13時半とかになりますが、全然大丈夫ですね。

さらに言えば、直帰しないこともあり、たとえば、帰りの道のほぼ途上に、ベイシア電器というのがあるのですが、そこで30分ほど無料でマッサージをしてもらい、これは、マッサージ機を勝手に使ってという意味ですが、それから帰って食事となると、14時を軽く過ぎたりしますが、それでもあまり空腹を感じません。

で、少し昼を食べ過ぎたりするのですが、そうしたときは、夕食を抜くか、軽食程度にとどめます。

するとまた、体調が良い。

で、さらに言うと、どうも家計にも優しいようだと、こういうことになっております。

小食を推奨している人は、皆、けっこう年齢よりも若く見えますね。

僕は年相応の外見だと思いますが、小食はいいということを、最近身をもって感じています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする